chevron-up PAGE
TOP
Campus
2020.03.13 コラム

第四次産業革命でジャスミーの技術が必要とされているのはなぜか

Industrial Revolution.jpg

 ● 第四次産業革命を生きる現代人


  私たち現代人は、第四次産業革命の時代を生きています。
第四次産業革命という言葉は聞き慣れない人が多いでしょう。

第四次産業革命がどのようなものか、ジャスミーの技術が必要とされている理由をご紹介しつつ、第四次産業革命を生きる現代人に必要なものを考えていきましょう。



  第四次産業革命とは?
  第四次産業革命は、第一次産業(林業や農業、水産業)・第二次産業(鉄工業、や建設業、電気ガス業、製造業)・第三次産業(サービス業や金融業など目に見えないサービスを提供する産業)のどれにも当てはまらない
第四次産業に起こる革命です。

第四次産業に分類されるのは、主に医療情報通信教育サービスなどが挙げられます。
基本的に技術の開発をメインとした産業なので、エネルギーなどを大量に消費しない産業だと言えるでしょう。そんな第四次産業に大きな影響を与えるのが、第四次産業革命です。
第四次産業革命では人工知能やIoTの開発が進み、コンピューターが様々なものを作り上げたり、判断できたりするようになっていきます。

しかも第一次から第四次までの幅広い産業で活用でき、それぞれの産業で利便性の向上につながるのです。

第四次産業革命でジャスミーの技術が必要とされているのはなぜか
ジャスミーでは、IoT化を進めたり、IoTから収集されるデータをマネジメントしたりするための支援を行っています。



 第四次産業革命によって、多くの産業でデジタル化が進むと、IoTデバイスの導入などが必要になるでしょう。




 ジャスミーはIoTデバイスの提供も行っているため、第四次産業革命でジャスミーの技術は必要だと考えられているのです。ジャスミーが提供するIoTプラットフォームやデバイスを活用すると、データを個人資産として取り扱えるようにもなります。


 つまり、第四次産業革命で個人のデータ管理もデジタル化された時に役立つと言えます。
ジャスミーの技術は第四次産業革命時に重要な役割を果たすと考えられるでしょう。



では、ジャスミ―のプラットホームを利用する企業で生成されるデータの価値は
どのように可視化され、保存できるのでしょうか?

そのデータの価値を表すために “トークン”が必要となるでしょう。
データの価値自体が、トークンの量によって定義されるようになる、ということです。


ジャスミ―のプラットフォーム上でのデータのやり取りは、各IoT事業者の活動の糧となり、経済を循環していくことになるでしょう。


今世間ではポイント制度が盛り上がっていますが、商品価値交換の方法がデジタル化しており、
私たちの生活はどんどん便利になってきています。
ジャスミ―が今後、私たちが持つデータにどんな未来を作ってくれるのか、
想像すると、今後の事業の発展に、ますます期待が膨らみますね。



より詳しくはこちら



・参照 [【仮想通貨】ジャスミ―を騙る仮想通貨の勧誘はぜひご注意を。 – ASSET-MAGAZINE]



jasmystamp copy.png



Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 4.0 International License.