chevron-up PAGE
TOP
Campus
2020.03.26 レポート

ジャスミ―の名前を騙って仮想通貨を販売する業者へ金銭などを支払わないよう

仮想通貨販売否定.jpg


■ 公式に仮想通貨の販売を否定したジャスミー

  ジャスミーは、仮想通貨の販売を行っていないことを
自社のホームページで発表しました。
以前からジャスミーが仮想通貨を販売するのではないかという噂があったようです。
ジャスミーがブロックチェーン開発企業のCentralityと提携したことにより、
その噂がより信憑性を増しました。

日本では、法律で「仮想通貨交換所のみ仮想通貨を扱うことができる」と定められております。
それ以外が仮想通貨を売買したり、円・ドルへ交換したりすることは刑事罰の対象となります。

ではジャスミーとは一体何をしている会社でしょうか。

ジャスミ―株式会社はブロックチェ―ンに代表される
分散化ネットワークを利用したIoTプラットフォーマーです。

  しかしながら、一般的にはブロックチェーン=仮想通貨というイメージから、
ジャスミ―は仮想通貨販売を行っているのでは?といった誤解が生まれています。
これまでジャスミーの名を騙って仮想通貨を販売するとした情報が勘違いや誤解、
噂も含めてネットなどでも、掲載されていたようです。
仮想通貨の販売行為は法律上タブーですので、ジャスミーが仮想通貨販売を行っていないことは明らかです。

ブロックチェーンはビットコイン等の仮想通貨の中核技術ですが、
免許事業である交換所と異なり、誰でも参入できる分野です。
  一方、仮想通貨の販売は金融取引に類似するため、厳しく規制されているんですね。

  昨今、日本では取引所でしか得られないはずの仮想通貨の販売情報が、
ネット上で掲載されたことで関連したトラブルが増加しています。

  そこでジャスミ―は、消費者庁・金融庁・警察庁が注意喚起をしていることを前提として、自社のホームページで「ジャスミ―の名前を騙って仮想通貨の販売する業者へ金銭などを支払わないよう」に促しています。
『当社もしくは当社の関係会社を名乗る者からの暗号資産(仮想通貨)等に関する勧誘についてのご注意』

(ジャスミ―も、あまりに噂が先行していることで、
間違った情報を払拭するために注意喚起したのだと思われます。)


...


ジャスミ―の名を使って、仮想通貨の購入勧誘があった場合には、
この記事を思い出してくださいね!


*より詳しくはこちら

・参照 [社会で活躍する人物の人生を知るためのメディア | 人物ノート]


jasmystamp copy.png

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 4.0 International License.