chevron-up PAGE
TOP
Campus
2020.03.30 レポート

ジャスミーが打ち出す「データの民主化」という 基本思想

ジャスミーが打ち出す「データの民主化」という 基本思想

データの民主化.png

   ジャスミーはこのIoT時代において、どのようにデータがあるべきかという点に着目しています。それはつまり、個人のデータを再び本来の持つべき個人の手に戻し、セキュアな状態で分散管理する「データの民主化」を実現することを基本思想としています。


   この思想のもと、「ジャスミーIoTプラットフォーム」は展開されます。企業と顧客とのプラッ トフォーム上での確かな信頼関係のもと、データを価値あるものとしてセキュアに相互交換できる環境を整え、新たな情報の時代「ユーザー本位の情報新時代」を築いていきます。

このプラットフォームに基軸に皆様と一緒に新しいIoTビジネスモデルを創出し、「情報新時代」において、再び日本が世界をリードする一助になれると確信しています。

   確かに、私たちは巨大プラットフォーマーたちが提供するサービスを無料もしくは格安で利用しており、それで満足しているかもしれませんが、そこに生ずるデータが不適切に利用されたり、限られた企業が独占に扱うことは、非常に重大な問題と考えています。来るべきIoT時代にデータは、その膨大な量と1ヶ所に集中させるべきでありません。メーカー間企業間にまたがるデータをどのように利用できるかが課題であると、編集部は考えます。


ジャスミープラットフォームとは!?


   先ほど「ジャスミーIoTプラットフォーム」という言葉が出てきました。これは一体どのようなプラットフォームなのでしょうか。言葉で説明をするよりも、動画をみていただいた方が理解が早いと思いますので、一度ジャスミーが打ち出している紹介動画をご覧ください。






   現在進行形で進んでいる IoTという時代の進化を少しでも捉えていただければ幸いです。





*より詳しくはこちら




・参照 [企業を選ぶための圧倒的な情報と、正しい知識を身につけるWebメディア | jobnoba]





jasmystamp copy.png

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 4.0 International License.