chevron-up PAGE
TOP
News
2021.07.28 リリース

サガン・ドリームスとの基本合意書締結について

 ジャスミー株式会社(以下、「ジャスミー」という。)と株式会社サガン・ドリームス(以下、「サガン・ドリームス」という。)は関係会社を通じて、ブロックチェーンの技術を活用したサービス開発に関する基本合意書を締結しましたのでお知らせします。
 ジャスミーは、「ジャスミーパーソナルデータロッカー(以下、「データロッカー」という。)」により、大切な個人データを管理し、自らの意思でその提供先、提供範囲の管理を可能にする社会の実現を目指しております。
 サガン・ドリームスは、佐賀県に設立された日本のプロサッカークラブであるサガン鳥栖を運営する会社です。サガン鳥栖は日本のプロサッカーリーグの1部リーグで活躍しているクラブチームです。
 ジャスミーとサガン・ドリームスはブロックチェーンの技術を活用したサービスとして、ファントークンの発行と、サガン・ドリームスが保有するIP(Intellectual Property:知的財産)を活用したNFT(Non-Fungible Token)の発行を検討しております。

【ファントークンの概要と発行の目的】
・ファントークンとは、クラブチームの運営に関わる投票や、特別なイベントへの参加権等が付されたデジタル通貨の一種で、海外のスポーツクラブをはじめ、国内のスポーツクラブでも導入が進んでおります。
・データロッカーを活用することで、ファンとしてクラブチームに貢献してきた活動データを価値に変える、全く新しいファントークンの構想を取り入れます。

【NFTの概要と発行の目的】
・NFTとは、代替不可能なトークンと呼ばれており、ゲームの分野やアートの分野など、様々な分野でNFTの技術を活用したサービスが展開されています。
・NFTを保有することでしか体験できないような権利を付すことで、選手とファンとの新たな繋がりのツールとなるようなNFTサービスを検討しています。